障害年金

日本の年金制度ご存知ですか?

年金は3種類あります。


皆さまよくご存知なのが『老齢年金』  これは老後の所得保障のための年金。


次に思い浮かぶかなぁ、と思うのは『遺族年金

これは一家の大黒柱がお亡くなりになったとき、一定の要件を満たす残された遺族の方のための所得保障。


そして『障害年金

病気やけがにより、一定の障害状態にあり、日常生活、お仕事などに支障がある方のための生活保障。

これが実は以外に知られていない年金制度なのです。

以外に知られていないのに、身近にある殆どの病気、けがが対象になります。

もちろん受給するためには一定の要件を満たさなければいけません。

その一定の要件とは・・・

1.初診日要件

  障害の原因となる病気、けがについて、『初めて医師の診察を受けた日』

  この日が国民年金、厚生年金に加入していること。

2.保険料納付要件

  1の初診日の前日において

    保険料を納付した期間+保険料を免除された期間=全体の2/3以上であること。

    (保険料を納めていない期間が1/3以下であること)

    又は

  初診日が平成38年4月1日前であって、初診日に65歳未満である場合は、初診日の

  前々月までの直近1年間に保険料未納期間がないこと。

3.障害認定日要件

  障害認定日(※1)において、一定の障害の程度に該当していること。

  (※1)障害認定日とは

     ①「初診日から起算して1年6か月を経過した日」

     ②「1年6か月以内にその病気やけがが治ったときは治った日」

と、聞いてもよく分からないなぁ、などと思ったら

とりあえずご連絡ください。


初回相談は無料でさせていただいております。お気軽にご相談ください。


そしてお話を伺って、受給できる可能性がありそうだ、となったら

『2.保険料納付要件』確認のための『年金記録の確認』をさせていただきます。

ここでも「可能性はある、3つの要件の1つはクリアできていそう」となって

初めて契約を結ばせていただき、お手続きを進めさせていただきます。


段階を踏んでのご契約、お手続きとさせていただいておりますので、

どうぞご安心ください。


そして年金の請求は全て書類を持って行われます。

もちろんご自身、ご家族でも請求することは可能ですが、書類の用意、作成にはかなりお時間や労力を費やすことになりかねません。

そして書類のみで審査が行われるため、書き方を間違えると、障害の実態に見合わない決定がなされたり、不支給決定されることもあります。

そのようなことを極力避けるために、全力でサポートさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。


参考までに障害年金の対象になり得る病気の一例です。

目の障害

白内障、緑内障、ぶどう膜炎、眼球萎縮、癒着性角膜白斑、網膜脈絡膜萎縮、網膜色素変性症、糖尿病性網膜症 など

聴覚の障害

メニエール病、感音性難聴、突発性難聴、頭部外傷や音響外傷による内耳障害、薬物中毒による内耳障害 など

鼻腔機能の障害

外傷性鼻科疾患(鼻欠損による鼻呼吸障害)

そしゃく・嚥下機能・言語機能の障害

咽頭摘出手術後後遺症、上下顎欠損 など

肢体の障害

上肢または下肢の離断や切断、外傷性運動機能障害、脳血管障害による後遺症、脳軟化症、重症筋無力症、関節リウマチ、ビュルガー病、脊髄損傷、進行性筋ジストロフィー など

精神の障害

認知症、老年性精神病、脳動脈硬化症に伴う精神病、アルコール精神病、頭蓋内感染に伴う精神病、統合失調症、うつ病、双極性障害(そううつ病)、てんかん性精神病、その他原因不明の精神病 など

呼吸器の障害

肺結核、じん肺、気管支喘息、慢性気管支炎、膿胸、肺線維症 など

心臓の障害

慢性心包炎、リウマチ性心包炎、慢性虚血性心疾患、冠状動脈硬化症、狭心症、僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症、心筋梗塞 など

腎臓の障害

慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、慢性腎不全 など

肝臓の障害

肝硬変、多発性肝腫瘍、肝癌 など

糖尿病による障害

糖尿病、糖尿病性と明示されたすべての合併症

その他の障害

悪性新生物など、その他生活や労働に制限をうける傷病など


※ほとんどすべての傷病が障害年金の対象となりますので、まずはご相談ください。